ナットウキナーゼ コレステロール

コレステロールを下げる効果があることで注目されています

ナットウキナーゼでコレステロール値を下げよう

ナットウキナーゼは、納豆菌が発酵の過程で作り出すタンパク質分解酵素で、コレステロールを下げる効果があることで注目されています。

 

ドロドロになってしまった血液をサラサラにする作用もあるため、高血圧や動脈硬化を予防するためにも役立ちます。

 

血栓を溶かす作用があるために、脳卒中や心筋梗塞を予防するためにも効果があると考えられています。

 

身近な発酵食品の中に豊富に含まれますから、毎日のように安定した量を摂取しやすいこともメリットです。

 

納豆にはナットウキナーゼだけでなく、水溶性や不溶性の食物繊維も豊富に含まれています。

 

納豆汁にして食べることで、野菜の水溶性食物繊維も摂取できるため、血中のコレステロールを下げるための相乗効果が働きます。

 

納豆をそのままで食べるときには、ネギを薬味としてたっぷりと加えるとアリシンの効果も重なって血液サラサラ効果が増大します。

 

ナットウキナーゼだけでもコレステロールを下げる効果が十分にありますが、他の食材と合わせることで効果が倍増することは大きな魅力です。

 

ナットウキナーゼを摂取すればコレステロールを下げることができるため、納豆はダイエット中に食べることもおすすめです。

 

低脂肪で高タンパクな納豆を食べれば、基礎代謝量を増やすために必要なタンパク質もたっぷりと摂取できます。

 

ナットウキナーゼに加えて納豆菌も摂取できることで、腸内環境を整えて便秘を予防することもできます。

 

ナットウキナーゼは発酵の神秘によって作られたものです。

 

大豆のタンパク質を豊富なアミノ酸へと変化させる過程で作られたもので、万能の健康食品としての価値があります。

 

肥満が心配な人は、納豆を日常的に食べて適度な運動をすれば引き締まった体を作ることも可能になります。