EPAの効果

ドロドロになった血液をサラサラにする効果があります

EPAの効果を教えてください

EPAは魚類の油に多く含まれる成分で、ドロドロになった血液をサラサラにする効果があります。

 

魚類の中でも、カツオやマグロなどの青魚に特に多い成分として有名です。

 

不足すると血中の脂肪が多くなって、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病にかかる危険性が増大します。

 

EPAは魚の摂取量が少ない人ほどに不足しやすい成分ですが、最近ではサプリメントからも補うことができます。

 

それでも、大部分の量は食事から摂取することが大切です。

 

EPAはオメガ3脂肪酸の一つとしても注目されています。

 

食品の油はどれもカロリーが高くて健康に良くないと思いがちですが、青魚の油に関しては大きく異なります。

 

秋の時期には脂がたっぷりと蓄えられたサンマを食べることで、血液の健康を維持することができます。

 

魚の消費量は戦前の時代よりも大幅に少なくなっていますが、魚が嫌いな人が増えたわけではありません。

 

魚自体は好きな人が多いのですが、調理の手間がかかるために肉類を選ぶことが多くなってしまったのです。

 

魚の消費量が減って肉類を食べることが多くなった影響で、肥満や高血圧を発症する人が増えています。

 

青魚を食べる機会が減ることで、EPAを効果的に摂取することが困難となったのです。

 

骨が多くて調理がしにくいようであっても、鰹節や煮干しなどを利用することでもEPAは摂取できます。

 

便利な食品がありますから、意識的に摂取して血液サラサラ効果を引き出すことが大切です。

 

EPAが不足すると、脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる病気にかかる危険性までも増えます。

 

魚不足の食事を続けることは健康のために良くないのは明らかです。

 

昔の和食の原点を思い出して、主菜として魚を積極的に食べることが大切です。