DHAの効果

頭の良くなる薬として日本でも一般に認知

DHAの効果を教えてください

DHAはマグロの眼窩脂肪に多く含まれる、高度不飽和脂肪酸の一種です。

 

高度不飽和脂肪酸は体内でほとんど合成が不可能な必須脂肪酸の一つですが、魚に多く含まれており、哺乳類などの動物性脂肪にはほとんど存在しません。

 

EPAと同様に古くからDHAの効果は知られていましたが、EPAほど魚の脂肪には含まれていないため、認知度はEPAほどではありませんでした。

 

しかし、現東京海洋大学大学客員教授である矢澤一良先生がマグロの眼窩脂肪に選択的に多く含まれている事を発見し、「頭の良くなる薬」として日本でも一般に認知されるようになりました。

 

頭の良くなる薬とは脳機能や神経機能を向上させることから名づけられた名称で、あくまで機能が改善することを指しています。

 

そのため、ミルクなど乳幼児が摂取する食品に配合される事があります。

 

更に、恒常的にDHAを摂取する事で、血中の中性脂肪を低下させて、血液の粘土を下げたり、コレステロールが血管に付着する事を抑制したりする効果があります。

 

人間のエネルギー源である糖を過剰に摂取すると、消費されない糖は肝臓で中性脂肪として蓄えられます。

 

そして、必要に応じて再度中性脂肪を分解し糖として利用するのです。

 

ところが、糖の過摂取を続けると中性脂肪は消費されずにどんどん増えていくことになります。

 

DHAは糖を中性脂肪に変える働きを抑制するのです。そのため、虚血性心疾患等の予防に効果があります。

 

欧米人に比べ、以前は日本人の脳梗塞や心筋梗塞など血管に由来する病気の発症率が低い理由が魚の摂取量の違いにあると言われてきましたしかし、現在では食事の欧米化に伴いそうとも言えない状態になってしまいました。

 

この原因がEPAやDHAの摂取量の低下であると言われており、心がけて摂取しなければならない栄養素です。