ナットウキナーゼDHAEPA

脳梗塞や心筋梗塞といった恐ろしい病気を防ぐ効果のあるナットウキナーゼ

ナットウキナーゼDHAEPAを始める前に読むサイト

和食が世界遺産に登録されるほど、日本の食べ物というのは世界的に評価されています。

 

特に日本の食べ物には健康面での効果が期待されています。

 

日本の食べ物には健康に良いとされている食べ物はたくさんありますが、その中でも特に栄養面で優れているのが納豆です。

 

納豆は日本人の中でもちょっと苦手だという人もいますが、納豆菌の作用により、栄養的にとても優れています。

 

完全栄養食品に近いとされていて宇宙食への応用も考えられているほど優れた食品です。

 

また、納豆には血液をサラサラにしてくれる効果があるとよく言われています。

 

それは納豆に含まれるナットウキナーゼというタンパク質分解酵素が関わっているのです。

 

血液がどろどろとしていると、それはやがて凝固して血栓となり、体の何処かで血管を詰まらせてしまうことになります。

 

場所によっては命の危険性もある恐ろしい血栓ですが、ナットウキナーゼにはこの血栓を融解してくれる効果があるのです。

 

この素晴らしいナットウキナーゼですが、1日の摂取量は納豆1パック程度で十分な効果を発揮してくれます。

 

納豆を食べてから数時間から12時間程度はその効果が持続しますので、毎日納豆を食べることで常にナットウキナーゼの効果を発揮することが出来るのです。

 

脳梗塞や心筋梗塞といった病気は、命が助かったとしてもその後に何らかの障害を残すこともある恐ろしい病気です。

 

そんな病気を防ぐためにも、特に発作が起きやすい朝食に納豆を食べることでそういった病気のリスクを減らすことが出来るのです。


DHA,EPAってなに

お魚に含まれている脂肪のことです。

 

牛さんや豚さんの脂肪は摂り過ぎると心臓病やガンのリスクが高まりますが、魚の脂肪はそのリスクがないと言われています。

 

また脳の活性化やコレステロールの低減に効果があるとされていて近年注目されているオイルです。

 

普段の食生活でイワシやサバを定期的に食べているなら問題ありませんが、結構難しいですよね。

 

なので不足がちな方はサプリメントで摂取しましょう。

 

以下で紹介しますナットウキナーゼDHAEPAは血中コレステロール値が気になる方にぜひ飲んでもらいたいサプリです。

 

ナットウキナーゼとDHAEPAの相乗効果でコレステロールを溶かしてサラサラ血に手に入れましょう。

 

納豆は女性ホルモンと似た働きをします。

納豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているため、近い作用をすると言われています。

 

通常量の納豆の摂取は特に問題はありませんが、大量に食べると女性ホルモン過多となり、悪影響が懸念されます。

 

ナットウキナーゼ目的の摂取であればサプリをおすすめしますよ。

ナットウはお腹の調子を整えます。

ナットウに入っているナットウ菌は乳酸菌と同じく腸内環境を整えます。
ふだんから摂取していると効果が高いです。
おなかゆるいで困っている方はナットウ菌を摂取すべきです。